レイキがもたらす効果〜使い手の“あり方”が大切!〜

「魂の成長へ」人それぞれの成長が進んでいきます。

「大きな決断をするときに、レイキが(決断を)後押ししてくれて、その怖さを乗り越えるためにレイキで自分を癒しながら向き合い、自分の道を前進することができました!」

「過去のパターンの自分が出てくると、そこに気づけるようになり軌道修正できるので起こる現実がいい方向に変わってきました!」

レイキ受講者さんから、その後のご報告をいただくたびに、それぞれの魂の望みにしたがって成長していらっしゃるのを感じます。

みなさん「今」を生きていて、自分そのものを味わいながら生きている。

そんな姿が、美しく、素晴らしい!と感動してしまいます✨

レイキは、あなたそのもの

「レイキ」とは、生命エネルギーそのものであって 「レイキを習得する」ということは「生命エネルギーを活性化するシステム」を使えるようになることでもあります。

このシステムは、伝授(アチューメント)することによりインストールされ、誰でも生命エネルギーを活性化することができるようになるんですね。

また「生命エネルギー」というのは、別の言い方をするならば私たちの「魂のふるさとのエネルギー」です。

そして、生命エネルギーが活性化するほどに、私たちは“魂の記憶”に触れることができます。

  • 私は何者であるのか?
  • 私は何をしにきているのか?

こういった、あなたの本質を思い出すことができます。

レイキがもたらす効果の一例

さて、ここであらためてレイキがもたらす特徴的な効果について、以下にまとめてみました。

生命力を活性化する

チャクラの動きを活性化し生命力を高め、体内のさまざまなエネルギーのバランスを保ちます。

深い癒し

レイキは緊張をほぐし、リラックスし、ストレスを緩和する働きがあります。

自己治癒力を高める

レイキを使うことで、生命エネルギーが日々新たに満ち、自己治癒力が高まり、心も身体も元気になっていきます。

魂の成長を促す

レイキは魂の成長を促します。

レイキを使うことで、自分を深く知り、より大きな意識と自己意識を味わうことができます。

現実化を起こす

セカンドディグリ―のシンボルとマントラを使い、欲しい現実を引き寄せたり、望む現実化を起こすことが可能になります。

レイキによる好転反応!?

レイキを習得後は、生命エネルギーを活性化することが自分でできるようになります。

すると、内側から細胞が入れ替わるかのように“浄化”という毒出しが起きることがあります。

それは「好転反応」とも言われることがあります。

ちなみに、好転反応は人によってさまざまな現象として表出します(必ず起きるものではありません)。

  • 古傷が痛むようなことだったり
  • 微熱が出たり
  • 昔のことを思い出したり etc

しかし、もしこのようなこと起きたとしても、安心してくださいね。

なぜなら、好転反応とは本来の自分に戻るためのプロセスだからです。

ですので、あまり気にすることなく自己ヒーリングをしているうちに、上記のような現象は過ぎ去って行きます。

レイキ好転反応後に、よく聞く変化

そうして、ひととおりの浄化を経験した方の中には「生まれ変わった」ような感覚を覚える場合もあります。

別に、そのような感覚を持つことがなかったとしても、浄化は確実に起こっています。

いずれにしても、自己ヒーリングによってあなたが本来持って生まれた“本質の力”は目覚めていきます。

このような一連の変化は(くり返しますが)誰でも同じようなことが起きるわけではありません。

その方の成長段階によって、起きてくることは異なります。

もともと感覚に敏感だった方は、簡単にチャネリングができるようになる方もいらっしゃいます。

また、感覚にあまり意識がなかった方は、自分を改めて認識するようになります。

その結果、以前に比べて気づきが増していたりします。

レイキが自分と向き合う“きっかけ”になる

さらには、自分の使命がわかり、目覚ましい成長を遂げられる方もいらっしゃいます。

そして、そのような生き方が他者の生き方にも(いい)影響を起こすこともあります。

例えば、私の夫は、(彼とつき合いはじめたころに私が伝授したのですが)レイキをはじめた当初は「エネルギーの流れを感じられない」と言っていました。

しかし、だんだんと敏感に感じるようになったそうです。

そして現在では、自然とチャネリング能力を使うようになり(例:他者への何気ないアドバイスが、ご本人がそうしたいと思っていたこととピッタリだったり)、自分のビジネスや人生そのものに役立てています✨

日々、レイキを使いながら自分と向き合い、心身ともに自分を癒すことは、自己成長をどんどんと促してくれます。

そして「本質の自分」となり、今世での目的を果たしていくことができるようになります♪

レイキ講座によって“エネルギー使い”になるということ

ちなみに、世の中にはいろんなヒーリングの方法があることを、ご存知の方も多いと思います。

どのヒーリングにも、それぞれのよさ、特徴があると思うんですね。

そして、どれも現状に変化を起こすものであり、効果のあるものだと思います。

そのうえで、私が大切だと考えているのは、どのヒーリングも「使い手が“どう使うか?”」によって、もたらされる結果はまったく異なるということです。

何を使うかよりも、使う人ありきだと実感しています。

一番大切なことは、使い手がどういう“在り方”で使うのか?ということです。

レイキ再受講者むけの「やり直しレイキ」でのこと

私のスクールでは、いろんなヒーリングやエネルギーワークなどを習得された方が「やり直しレイキ」を受講してくださることがあります。

「やり直しレイキ講座」は、すでに他所でレイキを習得された方が復習やさらに学びを深められる、当スクールが提供しているレイキ再受講者むけの講座です。

こちらを受講してくださる方たちが口を揃えて、このようにおっしゃいます。

「今まで、いろんなツールを習ってきましたが、
レイキが一番簡単で、使いやすいですね!」

実は、このことは私自身も実感しているところです。

そして同時に、私がレイキでもっともお伝えしたいことが、コレなんです。

体の声を聞くことは大切!

私は、今から8年くらい前に、他のヒーリングの手法を習いに行ったことがあります。

けれど、使い方に混乱してしまったんです。

私の場合、こういった反応を感情がしてしまうと、ダイレクトに体に影響が及びます。

体が受け付けなくなってしまったんですね^^;

それで「これは、私には向いていない」と思って、2日間のコースのうち1日でやめてしまいました。

実は、その講習の初日、会場に向かう途中からだんだんと体調が悪くなってきて、会場に着いてもそのドアの前でしばらく佇んでいたんです。

「受講するの、やめようかな・・」

ここの時点で、そんな思いがよぎっていました。

(でも、お金も払っちゃったし、ここに来るのだって新幹線に乗ってわざわざ来たわけだし…)

なのに、↑こんな“現実的”なエゴの自分が出てきてしまって、体の声に耳を傾けずに参加したんです。

そしたら、結果は先に書いたとおりです。

しかも、家に帰ったら、さらにどっと疲れが出てしまった、頭も痛くなってしまって起きられなくなってしまいました。

なので、次の日は「もう行っちゃだめだーー!」という体の声を聞き、参加を取りやめました。

だから、レイキは、カンタンでシンプルにしたい!

当時は「もったいないことをしたかな…」とも思ったんですが、今、思い返すと「私には合わない」ということを身をもって知るために、そのときの私には必要な経験だったんです。

実際に、その経験以降、体の声を聞くということに敏感になりました。

そのおかげで、これまで病気やトラブルなどを未然に防げたことがたくさんあったと思います。

そのような、ある種の“スキル”を身につけるために、あのときがあったんだなと思ったら「いい経験をさせてもらったなあ」と思っています。

そして、その経験は、私のレイキ講座にもおおいに活かされているので、本当に感謝すべき経験なんですね。

どういうことかと言うと、私がヒーリングを習う際に、やり方がよくわからなくて混乱してしまったので、私がレイキをお伝えするときには「いかに、カンタン・シンプル・使いやすいか!」を“わかりやすくお伝えする”ことを、一番心がけるようになりました。

どう使うか?あり方が見える自分創りワーク

さらには、従来のレイキ講座の内容だけでは「本質の自分に戻る」というところまで伝えきれなかったので、オリジナルの「自分創りワーク」をお伝えしています。

自分創りワークは「自分のことを深く知ることができて良かった♪」「自分の在り方が明確になりました!」とご好評いただいてます。

そして「私は、レイキというエネルギーをどう使うのか?」を明確にしてレイキを使うことは、より望んだ人生への好転が加速度を上げます。

私は、自分の経験も含めて、さまざまなツールに振り回されないで欲しいと願っています。

そして、レイキであってもその他のヒーリングやエネルギーであっても“使い手のあり方”が、もたらす結果を左右していることを、しっかりと認識することが大切だと考えています。

そのうえで「レイキを活用したい」とお考えの方には、私の講座などでレイキ使いになるお手伝いができればうれしく思います。

自分と向き合うワークと、レイキの学びを通して、望んだ現実を創造したい方に、おとひめレイキ講座がオススメです⇒

サブコンテンツ
サブコンテンツ

page top