新型コロナウイルスに想う、レイキを身につけるということ

先日、ホワイトデーに旦那さんからもらったチョコレート♪

かわいくて癒されました^^

娘にレイキをアチューメントしたときのこと

さて今日は、レイキティーチャーさん向けの動画を撮影するため、娘に生徒さん役をしてもらいました。

レイキのアチューメントの方法を実演しましたので、久しぶりに娘にアチューメントできてうれしかったです♪

娘は、今17歳なのですが、私が娘にはじめてレイキを伝授したのは、彼女が8歳になりたてのころでした。

ちょうど9年前の3月でしたね。

当時は、東日本大震災が起きた直後でした。

誰もが経験したのことない未曾有の出来事でしたので、私自身が不安に襲われてどうしようもありませんでした。

  • 「この先、私は娘を守っていけるのか。」
  • 「娘を守る以前に、私は生きていけるのか。」

そんな不安な気持ちが出てきた時、私はレイキサードのシンボルをしきりに使っていましたね。

レイキが私にもたらしてくれた効用

当時、レイキサードのシンボルを使うと、本来の自分に戻れて「私は大丈夫!」という気持ちになることができました。

けれど当時は、余震が毎日つづいていたころでした。

そのため、余震とともに大地が揺れて、大地が揺れると自分の中心軸までもが揺れてブレブレになり。

中心軸がブレると不安や恐怖に襲われ、、、。

そんな状態になると「このままではダメだ!」と再びサードのシンボルを使って自分軸に戻るということを、余震が起きるたびに何度も何度も行っていました。

娘にレイキを伝授してよかったこと

私はこの時のことを思い出すと、こんな気持ちが湧いてきます。

「レイキがなかったら広島に来ることは絶対になかったし、私は今ごろ、死んだように生きていたかもしれないし、そもそも生きることをあきらめていたのではないか。」

だから私は、レイキというベストなツールがあったことに感謝しています。

そして、その当時、すでに私がレイキティーチャーだったこともあり、娘に伝授することができたこともとってもよかったです。

普通だったら8歳の子に伝授はしませんよね、きっと。

でも、このときは緊急事態だったので、年齢とか関係なく日本語が話せてこちらの言うことが理解できる人であれば伝授は可能だろうと考えて伝授することにしました。

伝授して何がよかったって、一番は「私自身の安心感」です。

娘がレイキで、猫ちゃんを助けたことがありました

「この子は、自分で自分の身を守れるから“大丈夫だ!”」って思えるようになったことは、私にとって大きな安心をもたらしてくれました。

その後も、仕事で何日間か娘と離れなくてはならないときも、私は遠隔でサポートしましたし、本人も自分でレイキをしているから「大丈夫だ!」って、自然に思えました。

レイキのおかげで、私自身がどんなときも安心して日々を過ごすことができたんですね。

それでも、余震がきたら起きたら、やっぱり相も変わらず軸が揺れてブレブレになるんです(苦笑)。

だけど、戻る術(=レイキ)があるから「大丈夫!」という気持ちにいつでもなれました。

ちなみに、レイキを伝授した小3の娘は、レイキをうまく使いこなし瀕死の猫ちゃんをレイキで助けるということを成し遂げました(私が何もアドバイスせずに!)。

そして「そんなたくましい娘と二人だったら大丈夫だ!」と確信し、それまでの家族と別れ二人で広島で生きるということを決断しました。

家族みんながレイキ使い

その後、広島でもさまざまな経験を経て、現在は、新たな家庭ができ、旦那さんも含め家族3人ともレイキ使いとなっています。

ということで、久しぶりに娘にレイキ伝授をしたら当時のことを思い出してしまいました。

本当に、たくましく大きくなったなあ。

私たち親子は、レイキ(生命エネルギー)にお世話になりっぱなしで本当にありがたいかぎりです(今後もお世話になるつもりです:笑)。

そして今って、あの当時に似ているなあと感じることがあります。

新型コロナウイルスはまだまだ終息の気配が見えず、マスクやアルコールなどが手に入りづらく、現状は手洗い・うがいなどの予防方法しかないような状況です。

こんなときだからこそ、もっとも確実に行うことができる「自分を守る術」としてエネルギーを高めることが重要だと感じています(心身の機能を高めること)。

東日本大震災が起きた当時は、空気や、食べるものなどが安心して口にすることが難しいときでした。

このときには、もし万一、有害物質を体内に取り込んでしまっても体外へ最適に排出できるようレイキでエネルギーを高めることを欠かさず行っていましたね。

また、恐れや不安といった感情は免疫を下げ、望まない現実を創り出すもとになりかねません。

そうした感情の切り替えにも、レイキを使っていました。

先述のとおり、私の心の中心軸がブレブレになったときなどですね。

このように、私は家族を守りながら本当に望む現実を創ってきました。

その経験から、私は今、お伝えしたいことがあります

それは「自分のために、そして家族や大切な人たちのためにレイキを身につけませんか?」ということです。

一過性ではなく、生涯にわたって望む現実を創造するスキルを、私はすべての方に身につけて欲しいと強く願っています。

もちろん「望む現実を創造する」の中に、ご自分やまわりの方たちの心身の健康を守るということも含まれています。

レイキの本質とは「望む現実をクリエイトするエネルギー」です。

心身の健康を望んでおられるなら、レイキが“心身が健康になった現実”をクリエイトしてくれるはずです。

そんな、自分やまわりの人たちを守る術として、またご自分が望んだ現実を創造する術としてレイキ身につけたいとお感じになられたのでしたら、ぜひ私と一緒に、おとひめレイキを学びませんか?

本当の自分を生きるとき

2011年以降(特に近年)、未曾有の自然災害が毎年のように起きるのはおかしいと思いませんか?

もう「今まで通りではいられない。」

そのように私は「自分自身の“本当の生き方”に目覚めることを促されている」ように思うんですね。

そして、今がそのタイミングなのではないでしょうか?

もしあなたが、ブレない自分軸で、どんな時代もたくましく、それでいて“軽やかに”生きたいと思われるなら、私は“自身”の経験からレイキを“自信”を持ってオススメいたします。

“地震”にもブレない“自信”をレイキで培ってきた私から、この想いをあなたに届けます。

ぜひ、おとひめレイキ講座でご一緒できますことをお待ちしています。

レイキをすでに習得されている方へ

また、もしもレイキをすでに習得されていて、今、大切な人たちを守るために何かしたいと思っておられるなら、ご本人が自分でレイキを使えるように伝授する術を身につけませんか?

当スクールでは、レイキティーチャーさんを養成する講座もご提供しています。

家族に一人レイキティーチャーさんがいると安心が大きく広がります。

おとひめレイキについてくわしくは、こちらをクリック⇒

ということで、本日は以上になります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

「レイキ無料相談」を試してみませんか?

もし、あなたが今よりも「望む現実」を引き寄せるために「おとひめレイキ」を活用してみたいとお考えなら、まずは「30分間レイキ無料相談」を試してみませんか?

  • レイキで、どんなことができるの?
  • 「おとひめレイキ」ってナニ?
  • 「望む現実化」ってどういうこと?

などを、私、増地優子が直接あなたにお伝えいたします。

無料相談は、お電話またはLINEやZoom、スカイプといった無料のオンライン通話サービスを利用してお受けいたします。

ですので、全国どちらにお住まいの方でもご相談いただくことができます。

レイキ無料相談を開催している理由


オンライン無料相談

私はレイキを使いこなせるようになるまで、4つのレイキスクールで学びました。

また実は、私のように他スクールでレイキを学ばれた方が、当スクールで学び直されることも少なくありません。

そのような経験から、私は同じレイキを学ぶのであっても、スクールごとに教え方や内容、カリキュラムなどが大きく異なると感じております。

ですので、これから本格的にレイキを学ばれる方にとって、あらかじめご自分に合うスクールおよびレッスンかどうか?を判断できることが望ましいと考えました。

そこで当スクールでは、私が提供しているレイキレッスンがどういったものなのか?、そして私がどのようなレイキティーチャーなのか?を知っていただける機会として、無料相談を開催させていただいております。

一番大切なことは、あなたが今よりも望む現実を歩まれることです。

そして「レイキ無料相談」は、あなたが望む現実を歩まれる“小さくとも着実な一歩”になると、私は信じています。

私と一緒に、望む現実化のための一歩を踏み出しませんか?

無料相談およびレイキについてくわしくは、こちらをクリックしてご覧いただけます⇒

お問い合わせは、ネット・LINEから

友だち追加
LINEからも、お問い合わせいただけます