レイキを習得したら終わりではありません。

11194

 

レイキを学ぶ前の私は(9年前くらい)

レイキというエネルギーを使えるようになったら

すぐにスゴイことができるようになってしまうのではないかという

期待とともに恐怖心がどこかありました。

恐怖心というのは

おばけとか見えたりするのかなあ?とか

幽体離脱とかしちゃうのかなあ?とか

見たいもの怖さのような

これからどんなことが起こっていくんだろうという恐怖という感じです。

 

でも習得後、

いっさいそんなことは起こらず

余計な心配だったなあという感じです。

(余談ですが、レイキは宇宙の根源エネルギーになるので

霊界とは繋がらず

私が怖いなあと思っているものは見ないですんでいます^^)

 

それで、

レイキのエネルギーは使えば使うほど

自分の本質にはたらきかけ

本質の自分を取り戻していくことができるので

自分に必要な経験を通して

いろんな気づき、学びを得て

魂の成長が進み

自分が今世でどんなことをしにきたのか?とか

自分やこの宇宙のしくみみたいなことがわかってきます。

もともと

内側の自分・本質の自分は

知っていることなので、

「そうだよね。」とただわかるという感じです。

 

でも

人間としての経験をしに来ているわけだから

いろんな感情を体験するために

いろんな出来事も起きます。

そして

何か問題が起きた時に

古い自分が出てきて

あたふたしてしまうこともあります。

そんな時には

今の自分は

もう古い自分で生きているわけではないからと

自分で自分のことをしつけます。

新しい自分として(本質の自分として)生きるのには

ときどき出てくる古い自分から

新しい自分へと戻す作業をコツコツと行うことが大事です。

なりたい身体になるために

筋トレするように

なりたい自分、本質の自分となるための

筋トレは大事であります。

 

レイキは習得してからが

本質の自分となるはじまりであり

日々、コツコツと使いながら自分に活かしていくものであります。

 

サブコンテンツ
サブコンテンツ

page top