自分の体は自分で治す!

先日、娘が

「顎が痛くて、
口が大きく開かなくて、、、
ご飯があまり食べられない」と嘆いていました。

 

その日の夜

娘が寝た時に
レイキヒーリングをおこなったら

翌日は
「今日は調子がいい♪」と良くなったのですが

 

その後、再び痛みが出てきてしまい

娘は
「お医者さんにいった方が良いんじゃない?」と

弱気になっていたので

 

「それじゃあ
お医者さんに行ってみよう!」と

近くの歯科医院に連絡しました。

 

そこでは
「顎の痛みに対する治療方法は
痛み止めしかありません。」と言われ

 

それだったら行っても変わらないなあと思い

娘にそのことを伝え

「薬を飲むしか方法がないんだったら、

 

これは
自分で治せば良いんだよ!」

というと

 

「うん。」と本人も納得したので

「自分で治せるってことを信じたら
治っちゃうよ!」と伝え

 

時々レイキをおくり

娘も自分でレイキができるので

あとは
本人の力に任せていました。

 

すると、

数日で

「もう痛くなくなったよ!」と
自分で治していました。

 

 

病は気から と言いますが

不調が生じた時に、

【病院に行ったら治る】とか
【薬を飲んだら治る】いう設定があると

 

病院に行かないと、
薬を飲まないと治らないという思い込みが

自然治癒力を阻んでしまっているように思います。

 

「自分の体は自分で治す」という意志を発動した時に

自然治癒力が全開になり
ヒーリングの効果も増幅するんですね。

 

これからの時代の流れとして

誰かに治してもらう

という従来のあり方から

「自分で治す」

という力を発揮する時代に
なっていくんだろうなあと思うと同時に

 

そもそも

病さえも
作る必要のない

思考と感情の扱い方を
マスターしていくことが大切だなあと思いました。

 

 

◇自分を癒すエネルギーの使い方や自分の在り方を学ぶ
おとひめレイキ講座はこちら

サブコンテンツ
サブコンテンツ

page top