「どうせ」「でも」「だって」の賢い活用法♪

先日、メルマガで

「どうせ」
「でも」
「だって」

の活用法について書いたところ

そのメルマガを読んだ方から

「ここ最近
いろんなことに対する不安が湧き上がってきたのですが

その時に
メルマガに書かれていた

『どうせうまくいくんだから
何も心配することないんだよ!』

という使い方を思い出し

そのように思って
気持ちを入れ替えたら

心配していたことが
難なく済んでしまいました!」

 

というご感想を
何人もの方からお聞きしました。

 

ふとした時に
思い出してくださり
ありがとうございます^^

 

何人もの方からお聞きすることは
他にも必要な方がいらっしゃることだと思いますので

こちらにてシェアしますね!

 

 

**************

 

 

普段、何気なく使っている

「どうせ」

「でも」

「だって」

という言葉。

これらの言葉は

否定語と言われ

あまり使わないほうが良いのは
わかっているけれども

使ってしまうという方もいるかもしれません。

 

でも、(←さっそく使ってますねw)

 

普段
これらの言葉を使いなれているとしたら

どんどん

使っていきましょう♪

 

と言っても

今までどおりの使い方をするのではなく

あえて、

肯定的に使っていきますよー♪

 

私たちは
生まれてから死を迎えるまでの間

右肩上がりで
魂の成長を遂げていくようになっていて

現象として起こることとしては

本来は

「良くなっていく」一方であるんですね。

 

しかし、

今の現実が
そうなっていないとしたら

そうなることを
阻んでしまっていることがあるのです。

その代表的なことに挙げられるのが

先のことを心配してしまう
想いです。

 

その心配の想いが
心配の出来事を引き寄せ

「うまくいかない」

という
現実を作り出しています。

 

心配な出来事を
引き寄せやすい方は

「どうせ」

「でも」

「だって」

という言葉を
何気なく使っていませんか?

 

そこで

提案したいのですが

すぐにいろんなことに対して
心配してしまう方は

その気持ちを感じた時に

 

「どうせうまくいくんだから
何も心配することないんだよ!」

 

「でも、結局はうまくいくんだから
何も心配することないんだよ!」

 

「だって、何だかんだ言っても
うまくいくんだから
何も心配することないんだよ!」

 

を唱えてみてください。

 

どれを唱えてみてもいいですし

言いやすいように
アレンジしてくださって結構です。

 

多くの方が

「どうせ」

「でも」

「だって」

という言葉を

否定語として
認識していると思いますので

 

自分の中に
否定的な思いが出てきた時には

(例:私にはそんなこと無理に決まっている。 とか)

 

その思いに対して

「そんなことないんだよ!」という意味で

あえて

否定語(どうせ、でも、だって)を使い

肯定的に書き換える

ということを

自分のためにしてあげましょう♪

 

これも

ご自愛ですね^^

 

「どうせうまくいくんだから・・・」

「でも、うまくいくんだから・・・」

「だって、うまくいくんだから・・・」

 

ぜひ

使ってみてください♪

 

メルマガはこちら

『毎日が奇跡になる!コトダマの法則』

サブコンテンツ
サブコンテンツ

page top